御厨筋街道(田平から今福)
全行程 約25.1キロメートル
地図ファイルをダウンロードしてご利用ください
御厨筋街道地図 pdf(4,259KB)
Home

有田街道
木原から早岐

島原街道
諫早から愛野

温泉堂道
小浜から雲仙

千々石街道
島原から千々石

時津街道
西坂から時津

長崎街道
長崎から俵坂

平戸街道
東彼杵から田平

御厨筋街道
田平から今福

茂木街道
正覚寺から茂木

武雄道
川棚から岩峠


↓街道の各場所へジャンプします。
田平 上亀 大崎 御厨 松浦西 松浦 調川・今福

御厨筋街道は現在使用されることが無い為に、迷いやすい部分もありますが、
比較的昔の街道の雰囲気を残していると思います。
急坂もあり、危険ですので単独行はさけてください。

 伊能忠敬の下図を見ると今福から滑栄付近は朱色の線で書き直され、滑栄浦付近の街道の線もズレがみられます。
日記は沿岸の測量の都合で順に逆に測量していますので、読みにくいかとは思いますが地図上でお確かめください。


    

田平

上亀
伊能忠敬測量日記より

文化十年二月十八日
(1813年3月20日) 晴れ曇り。

 手分けして我等
(われ。伊能忠敬)・永井・尾形・箱田・佐助は朝六っ頃(午前6時半頃)に日野浦(平戸市田平町山内免) を出立した。正月二十八日に残した上亀村の追分けより初める。御厨道を測る。枝下亀。下亀川(久吹川)の土橋は三間(5.5m)。字小崎峠。野陣で小休止。枝小崎。

大崎
御厨村。坂瀬川は巾九間(16m)。枝西木(ニシキのルビあり)場。左に剣大明神。枝大崎。字上大崎。

御厨
高野川は巾二間(3.6m)ばかり。下大崎。立尾川(龍尾川)は巾十二間(22m)。字前田。字中野。志佐村と御厨浦の追分けの印迄、通ばかり一里二十九町一十間(7,109m)。それより御厨浦道を測る。字池田。御厨浦の海辺へ出て、印を残す。四町四十八間二尺(524m)・・略・・総測二里一町五十六間二尺(8,066m)。四っ半頃(午前11時頃)に御厨浦に着く。止宿は本陣が谷川七左衛門、坂部の宿は勝山佐助宅、下役は高崎吉太郎宅。此の夜は晴れ曇りで測る(天文測量)


坂部.今泉.門谷.保木.甚七の手分け

二月二十一日 曇天。

 御厨浦を出立した。御厨村中触の内、字清水原に十八日に残した
印より初めて、今福街道
(今福への街道。つまり、御厨筋街道の一部)を測る。字前田。字神原(榊原)

松浦西
字寺ノ尾。志佐村迎ヒ坂。児川は巾三間(5.5m)。鹿ノ爪(カ ツメのルビあり)坂。志佐川端に至り印を残す。一里一十四町三十九間(5,525m)。海辺より繋げる印である。志佐川は巾二十四間(44m)

松浦
本村里。観音寺坂。調(ツキノのルビあり)川村。切通坂。大坪川(調川川)端に至り印を残し街道を打ち止めて、二十八町二十七間(3,104m)・・略・・街道合計二里七町六間(8,629m)。総測二里一十五町六間(9,502m)。八っ半頃(午後2時半頃)に志佐浦(松浦市志佐町浦免)へ着く。止宿は坂部の宿は大石万九郎宅、外の者の宿は大石番治郎宅。

調川・今福
二月二十二日 曇天。

 志佐浦を出立した。
・・略・・平戸の分地で松浦大膳の知行の今福村。今福浦に印を残す(下の図)。街道に繋げる。此より沿海と街道を両用する。一里一十四町三十九間四尺五寸(5,527m)。今福川は巾十二間(22m)ばかり。伊万里街道(伊万里への街道)印を残す迄、九町二十一間(1,020m)。即ち伊万里街道と沿海の分かれ道。・・略・・総測三里一十三町四十二間二尺(13,277m)。七っ時頃(午後3時頃)に今福浦に着く。止宿は坂部が庄屋豊永八右衛門宅、外の者は酒屋の町田才兵衛宅。

二月二十三日 昨夜より小雨。朝、止んでから曇り。

 今福浦に逗留して測る。今福村の
印より初めて、街道を逆に測る
(上図)。字仏坂。調川村字中ノ触。本村上ノ触。瑞厳寺坂。大坪川(調川川)端に二十一日に打ち止めた印に繋げる。街道三十四町一十二間四尺(3,732m)

 
・・略・・滑栄(ナメリハエのルビあり)(滑栄免)印迄、一里一十一町五間二尺(5,137m)。平戸領今福と佐嘉領浦崎(浦ノ崎)の村界。去る九月十三日に沿海を測って残した杭に繋げて終る。三十一間四尺五寸(57.7m)。同所の幟に繋げて二十三間一尺(42m)。沿海合計一里一十一町三十七間五寸(5,195m)。又、同所の印より初めて、今福街道を逆に測る。高峯坂。界の番所。今福本村江迎の海辺に昨日残した印に繋げて逆測を終る。街道二十四町三十四間二尺五寸(2,681m)。街道合計一里二十二町四十七間五寸(6,413m)。総測二里三十四町四十七間二尺(11,650m)。七っ半後(午後4時過ぎ)に今福浦へ帰り着く。