801年〜900年 戻る

時代 時代 西暦 元号 よみがな 元号 よみ
がな
干支 天皇 院政 摂政 関白 大臣 征夷
大将軍
執権 連署 左大臣 右大臣 内大臣 鎌倉
公方
古河
公方
堀越
公方
西暦 出来事、合戦(乱、役、寇)
平安時代 801 辛巳 801 ・坂上田村麻呂、蝦夷を平定する
802 壬午
803 癸未
804 甲申
805 延暦24 乙酉
806 大同1 5/18 だいどう 丙戌 平城 藤原内麻呂
807 丁亥
808 戊子
809 大同4 己丑 嵯峨
810 弘仁1 9/19 こうにん 庚寅 810 ・蔵人所を置く   ・薬子の変
811 辛卯 811
812 壬辰
813 癸巳 藤原園人
814 甲午
815 乙未
816 丙申 816 ・検非違使を置く
817 丁酉
818 戊戌
819 己亥
820 庚子
821 辛丑 藤原冬嗣 821
822 壬寅
823 弘仁14 癸卯 淳和
824 天長1 1/5 てんちょう 甲辰
825 乙巳 藤原冬嗣 藤原緒嗣
826 丙午
827 丁未
828 戊申
829 己酉
830 庚戌
831 辛亥 831
832 壬子 藤原緒嗣 清原夏野
833 天長10 癸丑 仁明 833 ・令義解の撰上
834 承和1 1/3 じょうわ 甲寅
835 乙卯
836 丙辰
837 丁巳
838 戊午 藤原三守
839 己未
840 庚申 源常
841 辛酉 841
842 壬戌 842 ・承和の変
843 癸亥
844 甲子 源常 橘氏公
845 乙丑
846 丙寅
847 承和14 丁卯
848 嘉祥1 6/13 かしょう 戊辰 藤原良房
849 己巳
850 嘉祥3 庚午 文徳
851 仁寿1 4/28 にんじゅ 辛未 851
852 壬申
853 仁寿3 癸酉
854 斉衡1 11/30 さいこう 甲戌
855 乙亥
856 斉衡3 丙子 太政大臣
857 天安1 2/21 てんあん 丁丑 摂政 藤原良房 源信 藤原良相
858 天安2 戊寅 清和 藤原良房 858 ・藤原良房、摂政の職務を行う
859 貞観1 4/15 じょうがん 己卯
860 庚辰
861 辛巳 861
862 壬午
863 癸未
864 甲申
865 乙酉
866 丙戌 866 ・応天門の変
867 丁亥
868 戊子
869 己丑
870 庚寅 藤原氏宗
871 辛卯 871
872 壬辰 藤原基経 源融 藤原基経
873 癸巳
874 甲午
875 乙未
876 貞観18 丙申 陽成
877 元慶1 4/16 がんぎょう 丁酉
878 戊戌 878 ・元慶の乱
879 己亥 関白
880 庚子 藤原基経 藤原基経
881 辛丑 881
882 壬寅 源多
883 癸卯
884 元慶8 甲辰 光孝
885 仁和1 2/21 にんな 乙巳
886 丙午
887 丁未 宇多 887 ・藤原基経、関白となる(関白の初め)  ・摂関政治
888 仁和4 戊申 888 ・阿衡事件
889 寛平1 4/27 かんぴょう 己酉
890 庚戌
891 辛亥 藤原良世 891
892 壬子
893 癸丑 893 ・滝口武者(滝口の武士)を置く(武士の登場)
894 甲寅 894 ・遣唐使を廃止する
895 乙卯
896 丙辰 藤原良世 源能有
897 寛平9 丁巳 醍醐
898 昌泰1 4/26 しょうたい 戊午
899 己未 藤原時平 菅原道真
900 昌泰3 庚申 藤原高藤

801年〜900年 戻る