▼場所はここ
那須岳
電力中央研究所
国道400号を塩原方面に進み関谷の信号(右手にセブンイレブン)を渡ると、右手にアグリパル塩原が見え最初の道路を右折します。
1.5km走ると右手に電力中央研究所の鉄塔群が見えます。
● 9:09

川に出ました。
2本の丸太橋が有ります。

ここを渡ります。
登山口がなかなかわからずに苦労しました。
国道400号を塩原に向かって行くと右手に初めて見えて来る山が安戸山です。迷いやすいので地図と磁石必須
駐車場
始め←こちらの道を行って迷ってしまった。
遅野沢コミュニティセンターの駐車場を借りて車を止め、道路を北上します。
左手に溜池が有ります。

石碑を通り過ぎると
右手にミラーが有り、そこを左に曲がります。
【写真@】

すぐに右側に山に入る山道が有ります、ここが登山道入口です。
【写真A】


看板が無いのでわかりづらいので注意して下さい。

駐車場から登山道入口まで100m位、歩いて5分かからない
鉄塔
鉄塔
農家
石碑
ポンプ小屋
牧草地
奥野沢コミュニテイ
安戸山
やすとやま
1,152m
登山日:2004/3/20(土)曇りのち雪
20.栃木百名山
栃木県那須塩原市(旧塩原町)
▼栃木山一覧地図
▼栃木県の百名山
▼中高年の山登り
地図:1/25,000関谷・塩原
▼場所はここ
私が一番分かり易いと思う道を紹介します。
小屋
杉林
杉林
杉林
杉林
杉林
登山道
▲登山口
@
A
林道からの安戸山
展望は最高です。
標高500m
【写真A】
林道からの展望が最高でしたので
ムービーで撮影しました。

始めに見える山が安戸山(南)で
カメラを東へ流しました。
安戸山
Counter
2005/4/23春の冠雪を撮影(那須野が原公園より)
反省:今回登山道に雪が斜めに積もっていて、足をすべらして谷へ滑落したら・・・・と危険を感じました、引き返そうと思いましたが
無理に行ってしまいました。
この時期アイゼンは必須ですね
素人の私は持っていなかったので、登山店で購入しました。
ピッケルは1万円もするので今回は買いませんでした。
今後残雪が有るような山に登るときはリュツクに入れて登ります。
でも、極力雪のある山は登らないようにしよう。

まだまだ続く中高年の山登りシリーズ
栃木百名山と日帰り温泉
2015/1/1更新
地図はカシミール3Dより
● 10:52

安戸山(1,152M)山頂に到着
雪があって思うように登れませんでしたが、夏場なら登るのに2時間くらいでしょうか。

初めて登りましたが、
山頂は樹木が有り
展望は望めませんでした残念です。
雪が舞ってきたので早々に下山しました。
急な坂をを登ります。

カメラを斜面正面に向けて撮影すると、急勾配がわかりませんね
安戸山への道しるべ
● 10:22

雪の積もった登山道を歩いて行きました。

雪は固まっていて思ったほど歩きやすかったです。
● 10:17

林道を歩って行くと
右手の登山道に入る看板が
有りますので見落とさないように
注意。
ここで林道を後にします。
● 10:11

林道の様子
左手に視界が良い
● 10:05

林道を歩く

3月20日
この時期まだ雪が残っている。
海抜 約930m

前方に安戸山
● 9:58

土砂崩れの後があり
その後岩場に出る。
道が上下に分かれているが下の道を行くこと。
誤って上の道を行き危険な岩場を登り林道へ出てしまった私。

道が迷いやすいので注意。
● 9:55

登山道を倒れた木が塞いでいる。
● 9:37

2本大杉に到着

壊れた石の祠有り。
しばし休憩。
● 9:31

さらに東方向に展望が開けました。
北側に見える山
標高がここより高くまだ雪が多そうです。

小佐飛山でしょうか?
● 9:22

川から13分間上ると
少し展望の開けた場所にでました。
川を渡ると石の祠と
安戸山の看板が有ります。

ここから杉林をひたすら
上って行きます。
登山道を5分くらい歩くと
左手にポンプ小屋が有ります。
そこから歩いて行くと道がYの字に分かれるので右手の細い道を進みます。












犬を散歩していた地元の方に道を尋ねてやっと登山道に出る事が出来た。

しばらく行くと鉄塔に出ます。
●8:55
←左へ入る
ミラー
【写真@】

▼車を駐車する
アグリパル塩原から2.5km走ると
左手に安戸山入口の木の看板が有ります。

路上駐車はいやなので、ここの遅野沢コミュニティセンターの駐車場を借りて車を止めました。十数台位止まれそうなスペースがあります。

●7:39登山開始
裏手に3本の山道があり
迷いに迷って8:55やっと登山道をみっけました。
76分間も無駄にしてしまいました。
▼2013年5月18日(日)第5回、山開きに参加
アクセスカウンター