●8:00
3時間の山登り、疲れをとるのにはやはり温泉
こんな早朝から入れる露天風呂付きの温泉が有ります。
早朝7時から入れる「福の湯」
早朝割引で500円で入れます(9:30まで)
最後に登山口の紹介


ここに若見山登山口
看板が無いのでわかりづらいので
看板を造りました。
●7:43

駐車場が見えてきました
●7:50車に到着

時間は
登り2時間 標高差700m→1126mで426m
下山1時間でした
●7:44(40分後)

下山中2名の登山者に出会う

登るとき暗くて撮影できなかった
杉林の登山道
10分間休憩し

●6:54下山開始

●7:24(30分後)18番鉄塔到着
●6:44 (1時間54分後)

若見山1126M山頂に到着

三角点無し

周りは木々で視界無し
若見山
わかみやま
1126m

中高年の山登りと温泉
2015/1/1更新
登山日:2004/4/17(土)晴れ
21.栃木百名山
掲示板
栃木県塩原町
▼栃木山一覧地図
▼栃木県の百名山
▼中高年の山登り
地図:1/25,000 塩原
▼場所はここ
山頂▼

▼2回目(2016.5.14)シロヤシオ満開

国道400号から見た若見山
スノーシェルター
●4:48
国道400号線を西へ進み
スノーシェルターをくぐり抜けてすぐの所
左手に車が数台置ける駐車場が有ります。
そこへ車を止める。
時間も時間なので他に車無し。

登山口の看板が道路脇に無かったので
道路先まで探してしまった。


▼登山口場所はここ

★私が焦げ茶色の看板を


●4:50 登山開始登山口に有った看板
18号鉄塔まで1170m 35分間
●4:58

杉林の急な斜面をジグザグに
上って行きます、まだ薄暗いので
写真も良く撮れませんでした。
登山道は思ったほどしっかりしていました。
●5:10 (登り20分後)
ようやくカメラで撮影できるくらいの
明るさになりました。

登り初めて20分、かなり高い場所まで
登ってきました。
●5:16(26分後)

鉄塔建設の時作ったのでしょうか、急な所は階段になっているので安全でした、
●5:19

東の与太郎山付近が赤くなってきました
もうすぐ日の出でしょうか
●6:27

斜面を登っている途中
かたくりの花が咲いていました
18番鉄塔
17番鉄塔
Counter
●6:33

左手の崖に近づかないように注意して上って行く

あまり道は良くない
●6:25 (1時間30分)

「巻き道」に出る

左側の山頂への道へ進みます。

右は17号鉄塔へ行くのでしょうか?
●6:19 (1時間29分)


またイワウチワが咲いていました
●6:16 (1時間26分)

尾根を下って行くと崖に出ました。

崖の方に近づかないで歩って行けば安全です
●6:11 (1時間21分)

ピークに出ました
●6:09

尾根を有るって行きます。
●6:01

看板
17号鉄塔まで1500m 20分
●5:54

10分間休憩後、山頂へ向けて進みます
この先にもまた展望の開けた場所が有りました。
国道400号の尾頭トンネルが見えました。
●5:47
17号鉄塔と与太郎山から日が昇ってきました。


弥太郎山も4/23に道路が開通するので4/25頃登ってみよう、
なお開通時間は8〜18時までですので
注意
しかしこんな山の上にこんな大きな鉄塔よく造った物ですね
●5:45

18号鉄塔に到着

55分間かかってしまいました。
下の看板には35分と書かれていましたが、年寄りにはこんなもんですかね

展望が良さそうなので鉄塔へ行ってみます。

あまりに大きいのでワンショットで撮れませんでした

●5:45 (55分後)

東京電力の黄色い柱が有りました

右手のすぐ前にある鉄塔へ行ってみます。
●5:43 (53分後)

18号鉄塔が目の前に見えてきました
イワウチワ
学名 Shortia uniflora
和名 イワウチワ
英名 Nippon bells
科名 イワウメ科
属名 イワウチワ属
性状 耐寒性多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地 日本
特徴 本州中部以北の山地の落葉樹林帯に自生しています。草丈10cmほどの小型の植物で、長い葉柄を持つ根生葉は円形です。花は淡桃色で、一つの花茎に1花だけ横向きに咲きます。
管理 腐植質の多い排水性のよい土に植えます。繁殖は株分けで、春に2〜3芽ずつに分割します。
●4:17


イワウチワの花が咲いていました。
西平岳
中岳
鶏頂山
釈迦岳
前黒山
富士山
●5:27(37分)
展望の良い場所に出ました、高原山がよく見えます
たぶん山の配置はこれで良いかと思いますが?
なにぶん北側から高原山を見たのははじめてなので
どれがどの山か良くわかりません。
栃木100名山が4座も有りますが
いっか登ろう。
●5:18(28分後)
やっと開けた所に出てきました。
きつい登りも終わりかな?










先に18号鉄塔の姿も見えてきました
国道400号
アクセスカウンター