金精山
温泉ヶ岳▼
Counter
根名草山▼
▼栃木山一覧地図
▼栃木県の百名山
▼中高年の山登り
栃木県日光市
22.栃木百名山
2,330m
ねなくさやま
根名草山
ガイドブックには樹林地残雪時帯道迷い注意と書いてあったので、カシミール3Dでルート上にウエイポイントを何点か作成しGPSへアップロードして行くことにした。
(最大50ポイントまで入力可能)

初めはこんな事出来るとは知らないで一点一点座標を手入力していた。
前回は錫ヶ岳
100名山達成まで残り4座

C鬼怒沼山  2,141m
B黒岩山   2,163m
A燕巣山   2,222m
@根名草山  2,330m
登山日:2007/6/16(土)快晴
●1:44コンビニにて昼食のおにぎり3個購入、朝食にカップ麺を食べる。
      変な物食べたのか登山中下痢を誘発。
●2:21日光イロハ坂
●2:35中禅寺湖
●2:44赤沼茶屋にてトイレ休憩
Re: 赤沼茶屋  投稿者:あにねこ  投稿日:2007年 6月16日(土)03時07分56秒
  もう赤沼茶屋ですか。早いですね。私はこれから出発です。
結局、菅沼→金精山→白根山周回にしました。
会うのはちょっと難しいかな。
双眼鏡でオレンジの帽子を探してみます(^^;)
赤沼茶屋  投稿者:よっちやん  投稿日:2007年 6月16日(土)02時47分46秒
  日光 赤沼茶屋に到着 トイレ休憩
●前日21:00就寝
●00:30目が覚める
●00:54根名草山と燕巣山の2山登る計画なので早めに自宅出発
あにねこさん今晩は  投稿者:よっちゃん  投稿日:2007年 6月16日(土)00時26分13秒
  燕巣山なら会えるかも知れませんね
私は蛍光色のオレンジの帽子をかぶっているので
一発で分かると思います。
4時間ほど寝ました、日光へ向けて今から
出発です、外は星が綺麗に見えます、外気温度19.2度
熱中症対策に水は2リットル用意しました。
金精峠トンネル
●3:10金精トンネル栃木原側手前駐車場
  無人の車2台駐車していた(山小屋泊?)
  気温8.2度、風が吹いていて寒い
  標高1843m 腕時計の高度計を合わせる。
3:46寒いので薄手のジャンパーを着て、
      ヘッドランプを点灯して登山開始
      以前温泉ヶ岳登っているのでルートは覚えている。
金精トンネル駐車場  投稿者:よっちやん  投稿日:2007年 6月16日(土)03時18分21秒
  登山準備 外は真っ暗 気温8℃
●3:48東の空はうっすらと明るくなってきて男体山が見える。
携帯電話が通じるので
掲示板に書き込みを行う。
金精峠  投稿者:よっちやん  投稿日:2007年 6月16日(土)04時19分2秒
  気温3.7℃ 日の出見られるかな 風が寒い
●5:54

温泉ヶ岳を振り返る。

急斜面だな
あそこを下山してくるルートってあるのかな
温泉ヶ岳登ったとき北に道が
伸びていたと思ったが
●6:37

2326P手前のなだらかな斜面
●6:23

この辺は立ち枯れが目立つ
●7:03

目指す根名草山が見えた。
●7:08

圏内に入るとメールが届くので
どこが携帯の圏内か自動で分かるので便利

掲示板を覗くと
あにねこさんの書き込みが
有った
●7:07

根名草山手前の鞍部で天気予報のメールが
入りました。
●7:20

展望が開け
高原山が見える。

避難小屋で会った方が下山してきた。
●7:19


根名草山への最後の上り登る。
根名草山  投稿者:2237m鞍部  投稿日:2007年 6月16日(土)07時14分59秒
  あにねこさんおはようございます  根名草山476m手前鞍部 雪有り
7:33

根名草山山頂に到着
駐車場から3時間47分
念仏平避難小屋から1時間12分かかりました。
●7:32

根名草山山頂が見えた。
●7:35

三角点の上にカメラを置き
97座目の記念撮影。

残るは後3座

岩に腰掛けおにぎりを食べる。
女峰山
大真名子山
太郎山
●7:50下山開始

GPS座標は
気温は10.7℃
●7:37

北の山、今度登る鬼怒沼山、黒岩山
の写真を撮ろうと望遠レンズのカメラ持ってきたのに、雲が掛かって見えない、残念。
山標識は3個
●6:54

この辺は樹林帯で進むべき目標が見いだせず、所々の赤マークを頼りに進んだが
マークが消えると進路を間違いやすい
迷い込みやすい場所だ。

雪が無ければ登山道を認識出来るのだろうが
●5:56

北側斜面は日が当たらないので
雪が解けない。

雪の斜面を下降する。
登山靴が古く靴底のエッジが
丸まっているせいか良く滑る。

当然アイゼンは持ってきていない
雪は解けたものと勝手に
思い込んでいたから。
●6:11

今日初めての人に会う。
私のHPを見ていて下さっている月の慮さん
私の身なりを見てすぐに分かったみたいです。
私のHPも誰かの役に立っていると思うと
書く張り合いも出ます。

私の庚申山のレポート後同じルートで
皇海山を11時間で登られたそうです。

●6:21

内部の写真

中は中二階になっていて
上で眠れる。

水場も有るみたいだが
雪の下で確認出来ず。
●6:25

小川を渡って先へ進む。
●6:21
沢を渡ると
念仏平避難小屋に到着

温泉ヶ岳分岐点から1時間02分
駐車場から2時間35分

階段は丸太で滑りやすいので注意

GPSの座標は N36°49′51.8″
         E139°24′11.8″
金精峠  投稿者:あにねこ  投稿日:2007年 6月16日(土)06時22分32秒
  よっちゃんさんの2時間後に通過です。
●5:40

トラバースの笹原は
笹が濃く、道が細いので
笹に捕まりながら歩いた。

笹を刈ってくれれば
歩きやすいのだか
●5:48

鞍部が見えてきた。
●4:08

金精峠までの急登を慎重にゆっくり登って行く
●4:12

駐車場から26分で

笹道を抜けると金精峠に到着

後ろに金精山2244mと金精神社
●4:20

日出の写真撮れないかなと
太陽の出るのを待ったが
日出の位置は北の方で
山の斜面で見えない、残念
●4:20

金精峠から北に進路を変えて
根名草山へ向かう。
●4:24

登山道にシャクナゲが咲いていた。
●4:28

朝焼けで美しい
金精山
●4:40

中禅寺湖(奥)

湯ノ湖(手前)が見える
●5:14

標高2260mを越えると登山道に雪が現れる。

いつになったら解けるのだろう
この雪は
●5:19
湯泉ヶ岳分岐点に到着
駐車場から1時間33分
金精峠から1時間7分

雪が多くて登山道が分からないが
そのまま北東に進むと
笹の斜面に出た、そこには雪は無かった。
●5:40

斜面から
朝日の下
大真名子山
小真名子山
太郎山
女峰山
刈込湖、切込湖が見えた。
この週末の山行  投稿者:あにねこ  投稿日:2007年 6月15日(金)21時12分28秒
  よっちゃんさん、こんばんは。
梅雨入りしましたが、週末は天気が良さそうで嬉しいですね。
私も明日は金精山→白根山か、丸沼温泉→燕巣山を考えています。
どこかでまた、お会いするかも知れませんね。

http://anineco.org/

笹ヶ岳
2246m
錫ヶ岳
2388m
白根山
2578m
●7:55
根名草山から見た白根山
●8:02 岩にしがみついてこれから登る燕巣山の写真を撮る
湯沢峠
四郎岳
2156m
燕巣山
2222m
●8:40

念仏平避難小屋手前の立ち枯れに出る。
●9:36 男体山の緑が美しかった
●9:03 念仏平避難小屋
根名草山山頂より50分

  夫婦の方が登って来た。

この後下山途中ぞくぞくと大勢登ってきて何人か数えるのも面倒になってしまった。
●10:26

金精山をバックにシャクナゲ
●10:10 四郎岳の後ろに雪を被った至仏山2228mが見える。
●9:56 温泉ヶ岳分岐
念仏平避難小屋より1時間16分
山頂から2時間06分


●10:07あにねこさんが登られている金精山から五色山
白根山が朝よりハッキリ見えた。
携帯電話が通じるので
掲示板に画像付きで書き込んでみた。
気持ちいい  投稿者:よっちやん  投稿日:2007年 6月16日(土)09時45分0秒
  気持ち良い青空  下山途中
2008年11月
念仏平に栃木県が新避難小屋を建設した。
鉄骨平屋、約20平方メートルで15人程度宿泊可能 1600万円
古い小屋は県勤労者山岳連盟のメンバーが県の了解を得て修繕に当たっていたが
新築に伴い解体された。
今回の万歩計の記録
縦軸は歩数
横軸は時
次回は、燕巣山か鬼怒沼山を登ろう。

その後掲示板で、埼玉さんもここの駐車場に車を止め
9時頃金精山に登られたとか
私はオレンジ色の派手な帽子を被って登っていますので
どこかの山で見かけたら声かけて下さい。
●11:07駐車場に戻る。
満車状態
金精峠より37分
下山時間3時間17分とローペース
雪の踏み抜きで疲れたようだ。

全行程7時間21分(無雪時期に登ればもっと楽でしょう)

時間もあるので燕巣山チャレンジしようかとも悩んだが靴も濡れてしまったし、錫ヶ岳の時みたいに又足がつるとやなので、道が渋滞する前に家に帰ることにする。

●13:14自宅着、寝不足でビール飲んで昼寝する。
金精峠に到着、
温泉ヶ岳分岐より39分
山頂より2時間45分


天気が良いので気力体力が有ればこのまま、白根山へ登ってみたい気分でした。
(無題)  投稿者:よっちやん  投稿日:2007年 6月16日(土)10時35分54秒
  金精峠まで下山しました

中高年の山登りと温泉
2015/1/4更新
以前購入した
カシミール3D,GPS応用編の本に
詳しく載っていた。
アクセスカウンター
アクセスカウンター