40号
小さいから楽しいホテルの経営』
                                平成16年7月30日
                                  vol 040
                                金曜日発行

  -------------------------------------------------------      
[小さいから楽しい。古いから味がある
         大きいホテルに負けるな!]
-------------------------------------------------------
                              

   =======================================
        ベットメイク・清掃3
========================================

◆前回は、ベットメイク係は自己管理の自覚と、仕事への重要度を
理解させることが大切とお話しました。
今日はそのことの続きをお話します。

◆ベットメイク係が、朝9時頃から清掃していると、廊下などでお
客様とお会いすることがあります。
その時、ニコッと笑い、大きな声で「おはようございます」と言え
ば、それだけで素晴らしい挨拶です。
でも、残念ながら、満足な挨拶が出来ていないベットメイク係が意
外と多いと思います。

◆お客様から見れば、ベットメイク係がアルバイトであろうが、外
注社員であろうが同じホテルのスタッフです。満足な挨拶も出来な
ければホテルの評価にかかわります

◆スタッフは皆「接客は大切だ」とわかっています。
でも、わかっていても出来ないことも多いです。
それで考えました。口頭で指導するばかりでなく、ホテルスタッフ
全員に各自のサービスに対する「モットー」を考えさせました。

◆「私は大きな声で挨拶します」とか「私のとりえは笑顔です」な
どのモットーを自分で考えさせ、名刺大の紙にそれを書かせ、そし
てホルダーに入れ、ネームプレートと一緒に胸に付けさせるのです。

◆自分で自分のモットーを胸に貼っていると、お客様もそれを見ま
すので、仕事中は結構意識するものです。

◆その効果は直ぐ表われ、ベットメイク係もお客様への挨拶も大き
な声で出来るようになり、好評でした。

◆ただ、これもマンネリ化しますので時々「モットー」を変えさせ
ることも必要です。

◆ベットメイク係からお客様へのメッセージとして、客室内のデス
クの上などに、清掃挨拶カードを置き、「このお部屋は私が責任を
持って清掃しました」と清掃係の名前も記入しているホテルは多い
と思います。

◆出来ればこのカードにベットメイク係の顔写真が付いていると、
より一層責任感が高まり、またお客様にも親近感を持っていただけ
ると思います。


◆次に清掃チェックですが、客室の清掃が終わった時は、誰が清掃
したかは関係なく、清掃チェックは必ず行うようにしましょう。

◆清掃チェックはベットメイク係責任者と、その後にフロントスタ
ッフによるチェックのダブルチェックをすることが大切です。

◆また、時々違う人がチェックすると、より良いです。
いつもの人がチェックしていると、どうしてもマンネリ化・パター
ン化して、時々見落としてしまうところがあります。


◆次回はこの続きでホテル御三家と言われる有名ホテルの常務さん
をお尋ねした時のことをお話します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

============================================================
★過去のメールマガジンは私のホームページにもあります。
 よろしければご覧になってください。
============================================================



■ご意見ご感想をお待ちしております。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■発行者 SHCC 
     山地伸幸
住所 札幌市西区発寒7条12丁目 株式会社ニシモク

■eメール shcc_j@ybb.ne.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


□■編集後記■□

先日、「特許申請」をしました。
突然「特許申請」と言っても、「なにそれ!」と思われると思いま
す。

私は本を読む時、赤鉛筆で大切なところに線を入れながら読みます。
フリーハンドではうまく線が引けませんので、定規を使います。

右手に赤鉛筆を持ち、左手で定規を操作しますが、定規が平面なの
で、滑ったりしてうまく操作できない時があります。
本に夢中になっていると、そんなことでもチョットイライラしたり
します。

そこで持ち手の付いた定規を考えました。正式な【発明の名称】は
「操作板付き定規」です。

このような定規は今まで商品としても、今までの特許にも調べた中
ではありませんでした。

一般の人は勿論、少し手の不自由な人にも使いやすい定規だと、少
し自負しています。

この定規で商売をするつもりはありません。
自分で使ってみて使い易いので、作っては親しい人に差し上げてい
ます。
休みの日にセッセと工作しています。

そして「特許申請」も自分で書き、提出しました。
特許申請の文面は独特の「書き方」や「表現の仕方」があり難しい
です。

本来は弁理士さんにお願いして申請するそうです。でも10万円以
上の費用がかかります。

「操作板付き定規」は構造的にも簡単なので、「これも経験」と思
い『発明協会』の人に指導を受けながら書いて、申請しました。

この定規は『本を読むときの定規』と名づけました。
市販されているアクリルの定規に、私の工場で出た端材で操作板を
作り、それを付けただけのものです。

端材といっても家具の材料ですので、「メープル」や「ナラ」です。
ただ、これはあまりにも単純のモノで、「なんだコレ!」と思われ
ると思います。

それでも皆さんの中で、もしも欲しいと思われる方がいらっしゃれ
ば差し上げます。
8月5日までにお申し込みください。だだ、今回は先着10名様に
限らせていただきます。
ご希望の方はメールで送付先をお書きになり申し込んでください。

トップページに戻る


メールマガジン41号