散歩道山口の山main menu

散歩道
-最近撮ったスナップショットを紹介しています-

 

紅葉の小五郎山

撮影 2009.10.31

 紅葉目当てに小五郎山に金山谷から登って来ました。小五郎山というと、寂地山の薮ヶ垰から覗いた縦走コースが大変な薮コースだったので薮山のイメージでしたが、金山谷コース、向峠コース、何れもよく整備されていて、薮漕きなんてない歩き易いコースでした。ただ、金山谷コースは急登個所が多く、なかなか厳しかったです。紅葉的にはちょっとイマイチでしたが、ずっとドングリ系の自然林が続き、足元にはドングリがいっぱい落ちてました。
 頂上で、向峠から登って来た方に紅葉がもの凄く綺麗だったと聞いたので、無謀にも向峠へ降りました。(紅葉が綺麗なのは頂上近くだけでしたので、適当な所で引き返して金山谷へ降りることをお薦めします。)向峠コースは金山谷コースに比べ傾斜が緩やかで歩き易かったです。頂上から向峠へ少し降りた所の尾根道は紅葉真っ盛りで本当に綺麗でした。
 下山後向峠から金山谷へ歩いていると、頂上で出会った広島からみえた方に車で金山谷まで送ってもらえたので大変楽をすることができました。通り道でもないのにわざわざ送って頂きありがとうございました。帰りに車で計ってみると両登山口間は7.6kmもありました。山を乗り越えちゃうと2時間近く車道を歩く覚悟が必要です。
 帰りに深谷大橋横の公園に車を停めて、橋から谷を覗いてみました。黄色の木が目立ちますが赤い木はまだ少なかったです。


区間所要時間(分)
金山谷登山口-(40)→展望岩-(50)→小五郎山頂上-(向峠コース:60)→林道-(20)→向峠バス停-(7.6km)→金山谷登山口




 


落ち葉を踏み締めてドングリ林を行く金山谷コース
 
 

途中の展望岩から見えた隣の山の山頂、稜線が真っ赤に見える
 
 

山頂から望む安蔵寺山(右奥)
 
 

まゆみちゃんの実
 
 

向峠コース上部の尾根道は紅葉のプロムナードに
 
 

赤や黄色の木々が並んでます
 
 

深谷大橋から覗いた谷も紅葉が進んでました
  

前回の散歩道  次回の散歩道



page top散歩道山口の山main menu

アンケートにお答え頂ければ幸いです。